とうし

FXが初心者に人気の理由

FXが初心者にも入りやすい理由は、必要な証拠金の額が少なくてすむ業者が多いことでしょう。
以前であれば、最低の取引単位が10万通貨単位であり、必要な最低証拠金も
日本円で50万円以上となっていましたので、実際の取引では数百万円用意しなければ
ある程度余裕のある取引ができませんでしたが、現在では、最低の取引単位が、
1万通貨、1000通貨の業者も多く、中には1通貨単位という業者もあります。

例えば、1000通貨単位が最低の取引単位としますと、必要な最低証拠金は、
ドル円では5000円前後ですから数万円の証拠金で比較的余裕のある取引が可能になっています。

これは、一般のサラリーマンなどの収入でも充分参入が可能な額ですし、
特に、日本のようなギャンブルというとパチンコや競馬、競輪などの限られたものしかない現状では、
ギャンブルの代替手段として、
参入に必要な金額が似通っているFXに移ってくる人も多いのではないでしょうか。

ところで、FXのような証拠金取引は、以前から商品先物や株式の信用取引でも行われていました。
しかし、商品取引の分野では、顧客を増やすというよりは、
顧客を喰い物としてどんどん新規の顧客を開拓するというやり方で営業をしてきた結果、
その取引人口はまったく増えることもなく続いてきました。

これに比べ、株式の方は現物株を取引する人は多いのですが、
信用取引の方は、多額の証拠金が必要なことなどから、
個人が行うには敷居の高いものがありましたし、
情報の入手に関しては個人が各自収集するといったことが普通でした。

一方、FXでは小額な証拠金で始められることばかりでなく、
ニュースなどの情報の提供や初心者に対する啓蒙活動などを積極的に行っていること、
また、システムトレード、自動取引といった以前では専門家しか使えなかったものでも
個人が比較的簡単に使えるようにしたことなど
業者の努力がFXの人気の理由になっているのではないでしょうか。
FXの体験談がこちらに書かれていますので、ご覧ください。