とうし

FX用語・レバレッジ

FXのような証拠金取引では、
商品(FXでは通貨)の売買のときに買い方は商品の売買代金を全額用意する必要はありませんし、
売り方も商品を用意する必要はありません。
これは、取引時点での価格で将来のある時点の商品と現金との交換をする
という約束が証拠金取引というものだからです。

それ故にポジションは商品の売り買いどちらでもとることができます。
ポジションの解消には、一般に反対売買をすることでできますし、
ものによっては商品の現物と現金の受け渡しを行うこともあります。

証拠金とは、取引を担保するためのお金ですから、
取引金額全額でなくある一定の額が預け入れられていればすみます。
日本国内の場合、FXの最小の証拠金は売買代金の4パーセントと定められていますので、
逆数をとると25倍ということになります。
この25倍という数字の意味は、
預けている証拠金の25倍までの(代金の)取引ができるということです。

このように証拠金の何倍までの取引が可能であるのかを示す倍率のことを
「レバレッジ」倍率といいます。
「レバレッジ」という言葉の使い方ですが、
一例としては、自身の持つ証拠金でできる取引(証拠金額と売買代金が同一)より、
さらに大きな(売買代金が証拠金よりも大きい)取引を行い、
より大きな利益を追求することを「レバレッジ」をかけるなどといいます。

レバレッジは、その倍率を高くすることで利益率も高くできます。
しかし、逆に損失を被る時には膨大なものになります。
微小な価格差を利用して利鞘を稼ぐ裁定取引や、
デイトレードなどのように少ない利益を数多く取っていくような取引では、
レバレッジ倍率が利益に直結しますので、
100倍、200倍というような倍率で取引をすることもできるようです。

また、特別な条件下では個人でも25倍を超えるレバレッジ率で取引ができる業者もあるようです。
しかし、これらは上級者が行うものですから、
初心者の場合はレバレッジ倍率を数倍程度におさえた取引がすすめられます。
FX信用取引のメリットとデメリットはこちらをご覧ください。