とうし

FXを始めるには

単純にFX取引を始めるには、証拠金とて預け入れる現金を用意して、
適当なFX業者を選んで、そこに口座を開設することです。
口座開設がすみましたら証拠金をその口座に入金すればすぐに取引ができるようになります。
FX取引の種類はこちらで紹介されています。

ただし、FX取引はインターネットを使ってパソコンやスマートフォンなどの端末から
取引注文を出すことが主流ですから、
インターネットに接続されたパソコンなどの端末が必要になりますし、
その操作もできなければなりません。

また、業者によって注文時に使用するウェブページまたは専用のソフトウェアーが異なりますので、
その操作方法にもなれていることが必要になります。

実際にFXの取引をするためには、
外国通貨の取引がどのようになっているのかを知ることが必要になります。
「為替レート」の見方あるいはその意味を知ることからはじまり「為替スプレッド」、
「スワップポイント」などの意味を理解します。
為替の仕組みはhttp://2-l.jp/kawase.htmlに詳しくかかれています。

取引自体では、預けている証拠金で、どこまでの損失に持ちこたえられるか計算しておくことや
追加の証拠金を請求された時に現金が用意できるのかも考えに入れておきます。
また、注文の仕方にも何種類かありますので、それを理解しておくことも必須になります。

FXに限りませんが、このような相場を見通す時には、過去のデータが必要になります。
FXの場合では、過去の「為替レート」です。外国為替は、組み合わせがたくさんありますが、
最初は「ドル円」や「ユーロ円」など基本的なものから始められたら良いでしょう。

また、過去のデータを図に描いた「チャート」も何種類かありますので、
それについての知識も必要ですし、過去のデータを加工した二次的なもの
(移動平均線、RSIなど)も数多くありますので、 それらについても知っていた方が良いでしょう。
チャートを使ったテクニカル分析以外にも
ファンダメンタル分析と呼ばれるFXに関係する政治経済などの情勢分析もあります。
これにも時間がある時に接しておくことが必要でしょう。
FX初心者が知っておくべき知識はこちらもご覧ください。
また、http://www.beactivenc.org/4.htmlで紹介されているようなシミュレーションを行えるデモトレードというものを行ってから始めることをおすすめします。