とうし

バーチャルFXで練習

外為どっとコムでは、同名のFX仮想取引を行っています。
この仮想取引は、一定期間の間に(仮想の)500万円を元手に実際の取引に使われる為替レートを使って
取引をして利益を競うというものです。参加は無料でだれでも参加できます。
他のデモトレードと異なるところは、コンテスト形式をとっていますので、
期間内に得た利益が多い順に賞品を獲得できるというものです。

ただし、この「バーチャルFX」では、自動売買などのソフトウェアーなど機械的な売買を禁止していますので、
それらの検証をする目的では、利用できません。
あくまでも個人の持つ売買技術を競うというものです。

上記以外の業者でも仮想取引(デモトレード)を行っているところが多数あります。
この仮想取引は、要は取引に慣れることとFXで実際に利益をあげることができるのか試す意味で有用です。
特にFX初心者http://www.wh-academy.jp/の方は、仮想取引を行ってみて自分にあった業者を見つけるとともに
売買ツールの使い方にも慣れるということもありますので一度やってみる価値はあります。

ところで、システムトレードや自動売買のプログラム(ストラテジー)を検証するために
仮想取引をする場合があります。
実際の為替レートを使って一定期間仮想取引をしてみて、
そのプログラムが有効かどうか確かめるわけです。
このような自動売買のソフトウェアーでは、MT(メタトレード)が有名ですが、
このソフトウェアーは、自分で作ったものやフリーのもの、
販売されているものなど売買プログラム検証するための仮想売買が簡単にできます。

また、このMTに対応している業者はたくさありますので、
自動売買に興味のある人は気に留めておかれても良いでしょう。
また、独自の売買プログラムやそれを動かすソフトウェアーを提供している業者もありますので、
プログラムに明るくない人でも自動売買を使うことができます。

個人の技術を試す仮想取引は時間がかかりますが、
自動売買の検証はそれ自体あまり時間がかかりません。
いずれにしましても、FXの取引には二つのやり方がありますので、
どちらを選ぶかは、その人の考え方ということになります。